神話

 

多様性は個体に本質的な孤独をもたらす。

捕まえようと奮闘していたら、うっかり目を合わせてしまった。

身動きが取れないし声も出せない。

 

手製の鏡は自分を傷つけるばかりだ。

 

外部の精神世界は変化の周期があまりにも短い。

真の安らぎは、先天的に画一化された世界の中でのみ実現されるのだろう。